大富豪ビルゲイツから学ぶ。お金持ちになる5つの方法。

ビル・ゲイツの発想や思想に影響を与えてきた読書量の多さ。

ビルゲイツは、読書家で有名な経営者の代表として 彼は年間50冊以上の本を読んでいて、2012年からは毎年、自身のブログ「ゲイツノーツ」(Gates Notes)を通じて、彼が読んだ本の中から数冊を推薦書として公開しています。
この数値は、一般人の38倍にもなるそうだ。

ただでさえ多忙な時間を有効活用して、読書に回すビルゲイツ。
ここから学ぶことは多くありそうだ。

1万時間の法則

ビル・ゲイツは初期のコンピュータでゲーム作りに没頭して、中学2年から大学中退まで、1万時間以上の時間をゲームのプログラミングに使っていました。その時に使っていたベーシック言語が、マイクロソフト誕生のきっかけになったというそうだ。
ビルゲイツのような天才でも、中学から大学中退まで、何かに没頭しているということは、天才だろうが凡人だろうが関係なく、
とにかく時間を費やすことが必要ということがわかる。

選択と集中

by-1990-microsoft-was-very-much-on-the-rise-but-company-policy-held-that-employees-had-to-fly-coach-on-business-travel-and-bill-gates-too-flew-coach-for-a-long-time
ビルゲイツの名言①

成功の鍵は、的を見失わないことだ。

自分が最も力を発揮できる範囲を見極め

そこに時間とエネルギーを集中することである。

名言からもわかるように、自分の強みにフォーカスして、選択と集中をすることが必要ということ。
強みにフォーカスして集中することができたら、絶対にいいパフォーマンスが出るに決まっている。
成功とは意外にわかりやすいものなのかもしれない。

失敗から学ぶことができる。

ビルゲイツの名言②

成功を祝うのはいいが、もっと大切なのは失敗から学ぶことだ

成功からは、成長は生まれない、失敗して初めて成長ができるということを言いたいのだろう。
成功者は、成功にばかりフォーカスされるが、多くの失敗をしているから成功しているのだということがわかる。

他人と自分を比べない。

ビルゲイツの名言③

自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。

誰かと比べていたら、誰かと同じ結果もしくはそれ以下の結果しか得られない。
そして、ナンバー1になるということは、誰とも比べれれない状態ということだ。

自分が満足するまで何か突き詰めれることができれば、絶対に成功するだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です