MENU

イオンカードの2枚目登録はできる?家族カードの登録についても解説

この記事で解決できるお悩み
  • イオンカードは2枚目を所持するのがお得かどうか知りたい
  • 2枚目が申し込めない理由を知りたい
  • 2枚目の登録が可能かどうか知りたい

イオンカードの2枚目を検討しているという方も少なくないだろう。ポイントが合算されるのも魅力的だ。

イオンカードにはさまざまな機能がついているため、2枚・3枚持つことでよりお得に利用できる場合があるからだ。

また、家族カードもあるため、2枚目や家族カードを申し込む方は多い。しかし、登録ができなければ、利用明細などを確認できないかもしれないという不安がある方もいるだろう。

本記事では、イオンカードの2枚目が登録できるかどうかについて詳しく解説する。2枚を所持するとお得になるのかどうかも紹介するので、気になる方はぜひ参考にしてみてほしい。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック/

目次

イオンカードは2枚目所持がお得

イオンカードは2枚目所持がお得 クレジットカードナビ

イオンカードは、2枚目を所持するのはお得になるといえる。実際に、2枚どころか3枚、4枚と所持していて、それぞれのカードに合ったシーンで利用をしている方もいる。

ただし、2枚目や3枚目を所持する場合は、1枚目とは違った機能を持ったカードにする方が良いだろう。

ここでは、2枚目の所持に関してメリットがあるのか、2枚目の申し込みが難しい理由などについて詳しく解説する。

2枚目のメリット

イオンカード2枚目所持のメリットは、ポイントを貯めやすくなるという点だ。

2枚目を持つことで、1枚目だけではカバーできなかった部分がカバーでき、これまでポイントが大してつかなかったお店でポイントが多くつくようになったり、新幹線などに乗ってもポイントがついたりするようになる。

カードの種類にもよるが、うまく選択できればより多くのポイントを貯めることができるようになるだろう。ポイントは合算できるため、無理に2枚目のカードで使う必要がないのもいいところだ。

2枚続けて申し込むのは難しい

2枚目カードはメリットはあるものの、2枚同時に申し込んだり、立て続けに申し込んだりすると審査に落ちる可能性がある。

そもそも、1枚目を使用してもいないのに、2枚必要なのかといった疑問が出てくるだろう。そのため、1枚目のカードを申し込んでから、少なくとも2〜3か月は待つようにしよう。

1枚目を使っていなければ2枚目は申し込みが難しい

1枚目を申し込んでから時間がたっていたとしても、1枚目を全く使っていなければ、2枚目を申し込んでも通らない可能性が高い。

なぜなら、1枚目を使っていないのであれば2枚目を申し込む必要がないからだ。使う可能性がないのであれば、審査に通らなくても仕方がないといえるだろう。

2枚目が申し込めない場合がある

2枚目が申し込めない場合がある クレジットカードナビ

イオンカードの中には、2枚目が申し込めない場合がある。2枚目のカードを検討しているのであれば、どのカードが申し込みができないのかを把握しておく必要があるだろう。

ここでは、2枚目のカードが申し込めない場合について詳しくみていこう。

イオンカードセレクトは1枚だけ

イオンカードセレクトを申し込めるのは、1枚だけだ。イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカードも兼ねているからだ。

そのため、2枚目、3枚目を同じイオンカードセレクトで申し込むことはできない。

ゴールドカードは1枚だけ

イオンゴールドカードを持てるのも、1人につき1枚だけだ。ゴールドカードにはさまざまな特典がついているだけでなく、通常のイオンカードと同じく登録料や年会費は無料となっている。

そのため、2枚、3枚持ちたいと考えることもあるだろう。しかし、残念ながら1人1枚しか持つことはできない。

同じデザインのカードは1枚だけ

同じデザインのカードは1枚しか持つことはできない。

例えば、イオンカードセレクトのディズニーデザインが2枚欲しい、ということはできないし、イオンカード(WAON一体型)のディズニーデザインも2枚持つことはできない。

ただし、イオンカードセレクトとイオンカード(WAON一体型)を申し込むことはできるので、それぞれディズニーデザインでそろえたい、ということは可能だ。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック/

イオンカードの2枚目登録はできる?

イオンカードの2枚目登録はできる? クレジットカードナビ

イオンカードの2枚目を、1枚目と同じようにイオンスクエアメンバーやiAEONアプリへ登録したい、という方もいるだろう。

しかし、イオンカードの2枚目を登録できるかどうかがわからなくて結局放置したまま、ということもある。ここでは、イオンカードの2枚目や家族カードの登録ができるかどうかについて詳しくみていこう。

イオンスクエアメンバーIDは追加登録が可能

イオンスクエアメンバーIDには、2枚のカードの追加登録が可能だ。イオンスクエアメンバーIDの発行自体は1人につき1つだが、2枚目カードは追加登録をすればカード情報を見ることができる。

カードの追加登録は、暮らしのマネーサイトで登録をするか「イオンウォレット」で可能だ。

きちんと追加登録をしておくことで個別の明細がわかるため、使い過ぎを防ぐこともできるだろう。

iAEONアプリへ複数のイオンカード登録は不可

イオンスクエアメンバーにはカードを追加登録できるが、iAEONアプリへ複数のイオンカード登録はできない。

カードの切り替えはできるので、メインとして使うカードを2枚目のカードに切り替えたい場合は、登録を変更するといいだろう。

家族カードも登録できる

イオンスクエアメンバーIDには、家族カードの登録も可能だ。請求明細書兼利用明細書には、本人分のカードと家族カードそれぞれの利用分が記載される。

イオンスクエアメンバーIDにそれぞれ登録しておくことで、そちらからそれぞれのカードの利用分を確認することもできるので、試してみてほしい。

また、暮らしのマネーサイトやイオンウォレットを活用することで、本人カードと家族カードそれぞれの請求明細を確認することができるのもポイントだ。うまく活用して、家族カードがどの程度利用されているのかを把握しておこう。

2枚目におすすめのイオンカード

2枚目におすすめのイオンカード クレジットカードナビ

イオンカードにはさまざまな種類があるが、メインで使うのにおすすめなカードや2枚目に使うのにおすすめなカードがある。

ここでは、2枚目として使うのにおすすめなカードを紹介しよう。

イオン首都高カード(WAON一体型)

イオン首都高カード(WAON一体型)は、首都高をよく利用する方におすすめのカードだ。通常のイオンカードと同じで、イオン系列店での割引や2倍ポイントデーなどが適用されるだけでなく、日曜日の首都高通行料金が20%offになる点がメリットだ。

普段から良く首都高を使うという方以外にも、日曜日は首都高を使って遠出をすることが多いという方にもおすすめだ。

また、ETCが自動付帯なのも大きなポイントといえるだろう。首都高をよく利用するなら、2枚目カードとして活用してみてほしい。

毎週日曜日は首都高通行料金が20%OFF! /

イオンSuicaカード

イオンSuicaカード クレジットカードナビ

イオンSuicaカードは、イオンカードとSuicaの特徴を併せ持ったカードだ。自動改札が通れるのはもちろんだが、オートチャージ機能がついているため、毎回チャージする必要がなく、手間がかからない。

もちろん改札を通るときに残金不足で通れない、などということもない。

年会費や登録料、デポジット料は無料となっているため、普段から公共交通機関を利用しているのであれば、作っておいて損のないカードといえるだろう。

ポイントもSuicaで利用できる!

コジマ×ビックカメラカード(コジマポイントカード・WAON一体型)

コジマ×ビックカメラカード(コジマポイントカード・WAON一体型)は、イオンでお得になる通常の特典に加えて、コジマポイントカードが付帯しているため、ビックカメラ系列のお店をよく利用するという方にはおすすめのカードだ。

現金払いと同率のコジマポイントが貯まるだけでなく、WAONポイントも貯めることができるかなりお得なカードといえるだろう。

新規入会で「コジマポイント」1,000ポイント

まとめ

イオンカードの2枚目登録はできる?家族カードの登録についても解説 クレジットカードナビ

イオンカードで2枚目を持つ方は多くいるが、「登録ができる」ということを知らない方もいる。

2枚目のカードの情報を見やすくするためにも、ぜひイオンのサイトに登録をしておいてみよう。

もしまだ1枚目のカードも作っていない、2枚目カードを検討中という方は、ぜひ申し込みをしてみてほしい。お得にイオンカードでポイントを貯めて、たまに贅沢なお買い物をするのもおすすめだ。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック/

目次