MENU

イオンカードセレクトの作り方を知っておこう!ETCや家族カードの作り方も解説

この記事で解決できるお悩み
  • イオンカードセレクトの作り方を知りたい
  • イオンカードセレクト家族カードの作り方を知りたい
  • イオンカードセレクトETCカードの作り方を知りたい

「イオンカードセレクトというカードを聞いたことがある」「持っている人を見たことがある」という方もいるだろう。

しかし、気になっているけど作り方がわからなくて作ったことはない、という方もいるのではないだろうか。

イオンカードセレクトは、さまざまなメリットがあるため、ぜひ1枚作っておくことをおすすめする。

本記事では、イオンカードセレクトの作り方やETCカード、家族カードの作り方などを詳しく解説する。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック/

目次

イオンカードセレクトの作り方は2種類 

イオンカードセレクトの作り方は2種類  クレジットカードナビ

イオンカードセレクトは、店頭申し込みとWeb申し込みの2種類の作り方がある。

どちらで申し込んでも審査に影響があるわけではない。それぞれメリットやデメリットがあるため、特徴を理解して自分が申し込みやすい方法を選ぼう。

店頭申し込み

店頭申し込みの場合は、イオンの店舗内に設置されているブースへ行こう。

店頭申し込みのメリットは、申し込みをするだけで商品券などを貰えるところだ。また、わからないことがあれば、直接店員に聞けるのもポイントだ。

ただし、申し込み時に商品券などを貰えるためか、入会後のキャンペーン適用は特にないことが多い。

申し込み特典に関しては時期によって違ってくるため、お得なキャンペーンを展開しているときを狙うと良いだろう。

Web申し込み

Web申し込みの場合は、公式サイトやアプリから申し込むことができる。

基本的には申し込みフォームに必須事項を記入して送信するだけだ。

アプリに登録しておくと、最短5分で審査が完了し、カードの番号をアプリに送ってくれるため、すぐに使用したいという場合はWeb申し込みがおすすめだ。

Web申し込みにすると、お得な入会キャンペーンを開催している場合が多いので、おすすめだ。

イオンカードの申込みで必要な書類

イオンカードの申し込みに必要な書類は、本人確認書類だ。基本的には、写真・住所・氏名・生年月日が記載されていることが重要だ。

そのため、運転免許証かマイナンバーカードを事前に用意しておくと良いだろう。

18歳以上で電話連絡が可能な方なら申込は可能だが、高校生の場合は卒業年度の1月以降にならなければ申し込みができない。

また、学生でも申し込みできるが、未成年の場合は親権者の同意が必要になる。

イオンカードセレクト家族カードの作り方

イオンカードセレクト家族カードの作り方 クレジットカードナビ

イオンカードセレクトでは、家族カードがつくれる。

しかし、家族カードを作っても使える特典がなければ意味がない。また、家族カードを作るなら、明細の確認方法も把握しておこう。

家族カードとは?

家族カードとは、生計を共にする18歳以上(高校生を除く)の配偶者や親、子供に発行できるカードだ。

会員一人につき、最大3枚まで発行することができ、本人会員のカードと同じく、クレジット機能が付帯している。

家族カードで使用した料金は、すべて本人会員の登録口座からの引き落としとなり、家族カードは別の口座から、ということはできない。

受けられるサービス

家族カードは、本人会員と同じサービスを受けることができ、発行料金や年会費はかからない。

つまり、イオン系列店のお客様感謝デーには商品が5%offになり、イオン系列店でならWAON POINTが2倍貯まるということだ。

家族カードを持っていると会員本人が一緒にお買い物に行く必要がなく、ばらばらでもお買い物ができるのもメリットといえる。

家族カードを作るには、本人会員のカードが手元に届いた後、イオンスクエアメンバーID・パスワードでログインして申し込むことになる。

明細の確認方法

家族カードの明細は、暮らしのマネーサイトで確認できる。

どのカードでどのくらい使われたかが一目でわかるようになっているため、使い過ぎなどを注意することもでき、安心だ。

また、家族カードでも本人会員のカードと同じようにWAON POINTを貯めることができるのも利点だ。

貯まったWAON POINTは本人会員のカードに合算される。大学生の子供などには、家族カードを持たせるのもおすすめといえるだろう。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック/

イオンカードセレクトETC専用カードの作り方

イオンカードセレクトETC専用カードの作り方 クレジットカードナビ

イオンカードセレクトでは、ETC専用カードを作ることができる。

年会費は無料で、発行料もかからない。イオンカードセレクトでETC専用カードをぜひ作ってみよう。

ここでは、ETC専用カードの特徴や作り方について詳しく解説する。

ETC専用カードの特徴

イオンマークのETC専用カードは、車両損傷お見舞金制度がついているのが特徴といえる。

ETCゲート通過中、万一開閉バーに衝突などといったトラブルがあった際にも安心できる。

車両損傷お見舞金制度とは、車両を損傷した事故に対して年に1回、一律5万円のお見舞金が支払われるというものだからだ。

支払いには条件があるため、事前に確認しておくと良いだろう。発行は、クレジットカード1枚につき、ETC専用カードも1枚となる。

イオンカードセレクト発行時の申し込み

ETC専用カードは、家族カードとは違ってイオンカードセレクト発行時に同時に申し込むことが可能だ。

店頭申し込みだけでなく、インターネットでの申し込み時に一緒に申し込むことも可能なので、ETC専用カードを申し込みたい場合は、「ETC専用カードを希望する」の欄にチェックを入れるようにしよう。

イオンカードセレクト発行後の申し込み

イオンカードセレクトを作ったときには必要なかったが、あとからETC専用カードが必要になったということもあるだろう。

そういった場合は、暮らしのマネーサイトから申し込みをしよう。暮らしのマネーサイトを開いて、確認してみてほしい。

イオンカードセレクトゴールドカードの作り方

イオンカードセレクトゴールドカードの作り方 クレジットカードナビ

イオンカードセレクトは、ゴールドカードを作ることも可能だ。

イオンカードは、数多くの種類があるが、実はすべてのカードがゴールドカードにできるわけではない。

そのため、ゴールドカードに移行できるイオンカードセレクトはおすすめといえる。ここでは、ゴールドカードの作り方について解説する。

ゴールドカードとは

ゴールドカードとは、さまざまな特典がついている一定の条件をクリアした顧客だけが手に入れることができるカードだ。

さまざまな会社が発行しているクレジットカードでゴールドカードはあるが、年会費がかかるものも多い。

しかし、イオンカードのゴールドカードは発行手数料や年会費が無料となっているため、おすすめだ。

イオンゴールドカードは招待制

イオンゴールドカードは招待制だ。招待を受けるための明確な基準は公表されていないが、最低でも直近1年間のカード利用が50万円を超えていなくてはいけない。

条件を満たすことによってインビテーションの手紙が届き、ゴールドカードを所有することができる。

基本的に、年会費や登録料などは無料であり、イオンカードセレクトの特典に加えて、ゴールドカードの特典も受けることができ、お得になるだけなので招待が来たらぜひ移行しておこう。

また、国際ブランドは通常のイオンカードセレクトと同じようにVISA、Mastercard、JCBの3種類の中から選ぶことができ、3枚の家族カードも本人会員カードと同じ特典を受けることができるのもポイントだ。

ゴールドカードの特典

イオンゴールドカードを使用すると、WAON POINTを貯めやすくなる点が魅力といえるだろう。

インターネット通販では、「イオンカードポイントモール」を経由することによって他サイトであってもポイントの獲得率がアップする。

また、イオンカードの利用限度額よりも使える額が多くなり、イオンゴールドカードの限度額は収入によって最低50万円から最高200万円の範囲内で決定されるのもうれしいポイントだ。

その他、国内・海外の旅行傷害保険が付帯しているなど、保険が充実しているのも魅力だ。

全国各地のイオンラウンジや主要都市6か国の空港ラウンジが利用できるのもうれしいところといえるだろう。

ぜひゴールドカードの特典をうまく活用して、快適な日常を演出しよう。

まとめ

イオンカードセレクトの作り方を知っておこう!ETCや家族カードの作り方も解説 クレジットカードナビ

イオンカードセレクトの作り方は、店頭申し込みとWeb申し込みの2種類がある。

どちらで申し込んでも問題はないが、入会特典を考えれば、Web申し込みの方がお得といえるだろう。

今回は、イオンカードセレクトの作り方について詳しく解説してきた。

また、イオンカードセレクトを持っていることで家族カード、ETC専用カードなどを申し込むことができる。

まずは一度、イオンカードセレクトを作ってみよう。申し込み方法を迷っているのなら、下記ボタンをクリックしてみてほしい。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック/

目次