MENU

イオンカードの審査で在籍確認の電話はある? 電話がある理由についても解説

この記事で解決できるお悩み
  • イオンカードの審査で在籍確認の電話はあるのか?
  • イオンカードの審査で電話がある方・ない方の特徴を知りたい
  • イオンカードの審査で電話をされないようにするための方法を知りたい

「イオンカードを発行したいけど、在籍確認の電話があると困る」という方も少なくないだろう。

そもそも、イオンカードを発行すると、勤め先に電話はくるのだろうか。

電話がきた場合、審査には落ちてしまうのかどうか、気になるところだ。

本記事では、イオンカードの審査で在籍確認の電話があるのかどうか、なぜ電話がくるのかについて詳しく解説する。

電話がない方の特徴についても解説するので、イオンカードを申し込む際にはぜひ参考にしてみてほしい。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック/

目次

イオンカードの審査で在籍確認の電話はあるのか

イオンカードの審査で在籍確認の電話はあるのか クレジットカードナビ

イオンカードの審査で、在籍確認の電話はあるのかどうか、気になる方もいるのではないだろうか。

「電話があっても出られないかもしれないし、困る」という方もいるだろう。

じつは、イオンカードを申し込んだからといって、必ずしも電話がかかってくるわけではない。

ここでは、電話がかかってくる理由や電話で聞かれる内容について詳しく解説しよう。

イオンカードの審査で電話がかかってくる理由

イオンカードを申し込んだときに、会社に在籍確認の電話がかかってくる理由は、本人確認のためだ。

クレジットカードを申し込むときに、虚偽の勤め先を記載する方もいるため、そういったことを防ぐ目的がある。

とはいえ、イオンカードを申し込んで在籍確認が行われることはめったにない。

基本的には、申し込み時のデータが不足している場合のみ、事務的に在籍確認の電話がある程度だ。

電話で聞かれる内容は?

電話で聞かれる内容は、基本的なことばかりだ。一般的には、申込者の氏名や生年月日、住所、電話番号、勤務先などを聞かれる。

そのため、身構える必要はなく、普通に答えるだけで何ら問題はない。

変に身構えてしどろもどろになったり嘘をいったりしなければ、特に何もなく短時間で電話は終了する。

電話をなくすことはできるのか

基本的に在籍確認の電話が来るということはデータ不足ということなので、在籍確認の電話をなくすことは難しいといえる。

忙しいかもしれないが、素直に電話に出る方が良いだろう。

変なことをすると、クレジットカード会社に怪しまれてカードを作れなくなってしまう可能性もあるからだ。

イオンカードの審査で電話がある方の特徴

イオンカードの審査で電話がある方の特徴 クレジットカードナビ

イオンカードの審査で電話がある方とない方がいる。しかし、なぜ電話をされてしまうのか、気になる方もいるだろう。

下記に当てはまる方には、電話がある可能性が高い。

  • 年齢が若い
  • 信用情報に傷がある

それぞれどういったことなのかを、詳しくみていこう。

年齢が若い

年齢が若いと、それだけ年収が少なくなるケースが多いため、クレジットカード会社としても電話などである程度確認が必要になることが多い。

年収が低かったらカード限度額を引き下げるなど、カード会社としても未回収になることを未然に防がなければならないからだ。

そのため、年齢が若いと、在籍確認の電話があることが多い傾向にある。

信用情報に傷がある

信用情報に傷がある場合も、クレジットカード会社にとってはきちんと支払ってもらえるのか不安になるところであり、在籍確認の電話が来ることが多くなる。

クレジットカード会社の間では情報が共有されているため、ほかのクレジットカードで未払いや滞納、キャッシングなどをしていればすぐにわかる。

それが、信用情報に傷があるということだ。信用情報に傷があるとクレジットカード会社としても警戒する必要が出てくるため、在籍確認が行われる。

在籍確認の電話で審査に落ちる可能性はあるのか

基本的には、在籍確認の電話があるからといって審査に落ちるわけではない。電話があっても、審査には通る場合がほとんどだ。

審査に落ちる場合は、在籍確認の電話にそもそも出られなかったり、他に電話に出た方がいて申込者が在籍していないと答えてしまった場合が多い。

電話に出て、きちんと受け答えをすることができれば審査に通るケースも多いため、心配することはない。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック/

イオンカードの審査で電話がない方の特徴

イオンカードの審査で電話がない方の特徴 クレジットカードナビ

イオンカードの審査で、電話がない方にも特徴がある。

以下の特徴に当てはまる方は、電話がなく、審査にも通る可能性が高いといえる。

  • 主婦や学生
  • 勤務年数が長い
  • 信用がある

主婦や学生

イオンカードは主婦や学生でも申し込みができるが、そもそも主婦や学生は勤め先がないため、在籍確認の電話はない。

主婦の場合は配偶者に収入があり、学生の場合は親権者に収入があるため、本人の収入は0でも問題がない。

ただし、未成年の場合は親権者に電話があるため、あらかじめ同意をとっておかなくてはならない。

勤務年数が長い

勤務年数が長く、収入がそこそこあれば、在籍確認の電話はないことが多い。

勤務年数が長いと収入が安定していて勤めを辞める可能性も低く、きちんと支払いがされる可能性が高いからだ。

そのため、勤務年数が長いというだけで在籍確認の電話もないことが多い。

信用がある

信用がある方も、在籍確認の電話がない場合が多い。

信用があるというのは、例えば前に使っていたクレジットカードが同じ信販会社だった場合などが挙げられる。

まったく滞納や延滞がなく、借入金もなければ新しいクレジットカードを作っても信用ができるからだ。

つまり、イオンカードをすでに持っているなら、わざわざ在籍確認をする必要がないということになる。

その他、信販会社の情報に全く傷がない場合も、信用度が高いため、在籍確認の電話があることはほぼないだろう。

イオンカードの審査で電話をされないようにするためには

イオンカードの審査で電話をされないようにするためには クレジットカードナビ

イオンカードの審査で在籍確認の電話をしてほしくない、という方も少なくないだろう。

ここでは、在籍確認の電話がされないためにはどうすればいいのかを、詳しくみていこう。

信用情報に傷をつけない

イオンカードの審査で電話をされないためには、信用情報に傷をつけないことが最も大切だ。

信用情報に傷があると、それだけで信販会社も警戒してしまうからだ。

信用情報に傷がないというのは、クレジットカード払いの滞納や未納がない、借入金がないということだ。

これまでの実績が評価されるため、信用情報に傷をつけなければ、在籍確認の電話をなくすことができるだろう。

収入がなければ0と記載する

収入がなければ、素直に0と記載することも大切だ。ヘタに収入欄に記載してしまうから、不審に思われて在籍確認が行われてしまう。主婦や学生など、収入がほぼない場合は潔く0と書くのも一つの方法といえる。

また、パートやアルバイト、派遣社員であってもイオンカードを作ることはできる。なぜなら、きちんとした収入があるからだ。

収入があればクレジットカードの利用代金を支払ってもらえるため、問題なく審査に通ることができる。

収入がほとんどないような内職であれば0と記載すればよいが、もしパートやアルバイトをしているのであれば、わざわざ収入を0にする必要はなく、そのまま記載することをおすすめする。

まとめ

イオンカードの審査で在籍確認の電話はある? 電話がある理由についても解説 クレジットカードナビ

イオンカードの審査では、在籍確認の電話が来ることはあまりない。

かといって全くないというわけでもない。在籍確認の電話が気になるなら、書類をなるべく不備なく記載することをおすすめする。

また、電話番号はなるべく固定電話と携帯電話の両方を記載するようにしよう。

固定電話を記載しておくと、それだけで記載した住所に住んでいるという信用が得られるからだ。

在籍確認の電話をされたくないなら、細かいところに気を付けると良いだろう。

とはいえ、イオンカードの審査は甘いと言われていて、在籍確認の電話があることもめったにない。

そのため、安心してカードの申し込みをしてみてほしい。

イオンカードの申し込みを検討しているなら、下記ボタンをクリックしてみよう。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック/

目次