MENU

イオンカードにプラチナはない?選ばれた人だけが利用できるイオンゴールドのメリットを紹介!

この記事で解決できるお悩み
  • プラチナカードの概要を知りたい
  • イオンゴールドカードについて知りたい
  • イオンゴールドカードのメリット・デメリットを知りたい

プラチナカードと聞くと、ランクが高いクレジットカードをイメージする人も多いだろう。年会費などが高くなる一方で、限度額が増え、さまざまな特典を受けることが可能だ。

プラチナなどクレジットカードにはさまざまなランクが設けられているが、イオンカードにもあるのだろうか。

この記事ではプラチナカードの概要と、イオンゴールドカードのメリットデメリットを紹介する。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック/

目次

プラチナカードとは?

プラチナカードとは? クレジットカードナビ

そもそもプラチナカードとはどのようなカードなのだろうか。ここでは概要について紹介する。

プラチナカードはステータスが高い

プラチナカードは一般のカードやゴールドカードよりステータスが高いクレジットカードのことを指す。取得するには相当の収入がある方などの条件を設けている企業も多いことから、所有しているだけで、一種のステータスになる。

とはいえプラチナカードはどの企業でも発行しているわけではなく、ブラックカードをプラチナ扱いしている会社やゴールドカードをプラチナ扱いしている会社もある。

そのため一概に「プラチナカード=ステータスが高いカード」とは言い難い。しかし世間的にはランクの高いカードとして認識されている。

利用可能額が増える

通常のカードと比較すると利用限度額が増えることが多い。ゴールドであれば500万円まで利用することができるが、プラチナの場合は1,000万円までと設定している企業もある。

もちろん企業によって限度額が異なるため一概に言えないものの、一般的には利用限度額が増えるため、大きな買い物をすることが可能となる。

年間費が高い

ゴールドカードまでは年会費無料だったものの、プラチナカードにすると費用が発生する場合もある。

年会費は各カード会社によって異なるものの、2万円〜5万円の間が一般的だ。

もちろん1万円のカード会社や10万円を超えるカード会社もある。いずれにせよコストがかかるカードと認識していてよいだろう。

ポイント還元率も高くなる

一概には言えないものの、プラチナカードになるとポイント還元率が高くなる場合もある。年会費もかかってしまうことから、利用者へポイントという形で還元している場合もある。

とはいえプラチナカードを所有する方の多くは、利用限度額の増加であり、ポイント目的に作成していないことが多い。

イオンカードにプラチナカードはある?

イオンカードにプラチナカードはある? クレジットカードナビ

各クレジットカードによってカードのランクは異なることをお伝えしたが、イオンカードの場合はどうなのだろうか。

ここではイオンカードのプラチナカードについて紹介する。

ゴールドまでしかない 

イオンではプラチナカードは発行しておらず、ゴールドまでしかない。もちろんブラックカードなどもなくゴールドカードが最上級となる。

ではどのようなカードなのだろうか。次の項で解説する。

イオンカードのゴールドとは?

イオンフィナンシャルサービスが発行しているゴールドカードは年会費無料で発行できるクレジットカードだ。招待制のカードであり、直近1年間のショッピング利用額が50万円以上の場合発行してもらうことができる。

発行条件を満たした方に自動的にゴールドカードに切り替えて、クレジットカードが届くようになる。

では他のカードと比較するとどのようなメリットがあるのだろうか。次の項ではイオンゴールドのメリットについて紹介する。

イオンの特典を受けられる

イオンゴールドカードは通常のイオンカードと同様に20日・30日に買い物が5%オフになったり、ポイント2倍などの特典を受けられる。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック/

イオンゴールドカードのメリット

イオンゴールドカードのメリット クレジットカードナビ

イオンゴールドカードにはさまざまなメリットがあるが、ここではゴールドカードならではのメリットを3つ紹介する。

ラウンジが利用できる

国内主要都市の空港ラウンジとイオンラウンジを無料で使うことが可能となる。搭乗するまでの待ち時間をラウンジで過ごすことができ、飲み物などが無料となるメリットがある。

イオンラウンジは大型店舗のイオンにあるラウンジで、トップバリューの試供品のドリンクを無料で飲めたり、お菓子を食べることができる。

海外旅行損害保険が適用される

イオンゴールドカードを保有していることで「海外旅行傷害保険」と「国内旅行傷害保険」が適用される。

海外旅行損害保険

イオンゴールドカードで旅行代金を支払った場合、ケガや病気などに対して保険金が支払われる。

さらに所有者だけでなく、同伴者も含まれるため、安心して旅行することが可能だ。海外旅行損害保険の補償内容と補償金額は以下の表の通りである。

対象となる事由最大補償金額
傷害による死亡・後遺傷害5,000万円
傷害による治療費用(1事故につき)300万円
疾病による治療費用(1疾病につき)300万円
携行品損害(年間)30万円(免責3,000円)
賠償責任3,000万円
救援者費用など200万円

国内旅行傷害保険

海外だけでなく国内も同様に、旅行料金をイオンゴールドカードに支払った場合は補償を受けることが可能だ。具体的な補償内容と補償金額は以下の表の通りである。

保険の種類支払い限度額保険適用の条件について
傷害による
死亡後遺障害
3,000万円日本国内で対象となるケガにより、事故の発生日から180日以内に死亡・後遺障害が生じた場合
傷害による
入院通院手術
入院保険金日額5,000円(最高180日分)通院保険金日額3,000円(最高90日分)日本国内で対象となるケガの治療のため、事故の発生日から8日目以降において、なお入院・通院もしくは手術をうける状態の場合

【手術保険金】
入院中の手術5万円入院中以外の手術2.5万円

ショッピングセーフティ保険

イオンゴールドカードで買い物をした商品が事故などによって破損・紛失した場合はショッピングセーフティ保険が適用できる。適用条件は以下の通り。

  • 商品の購入から180日以内まで
  • 一品5,000円以上の商品
  • 年間300万円まで
  • お客さま控えを所有している
  • 貴金属や宝石などの対象外の商品もある

さらにカードが盗難され、不正利用された場合も補償されるメリットがある。

イオンゴールドカードのデメリット

イオンゴールドカードのデメリット クレジットカードナビ

メリットを紹介しましたが、イオンゴールドカードにはデメリットもある。ここでは2つ紹介する。

ポイント還元率が低い

イオンゴールドカードで買い物をすると、商品や金券と交換できるときめきポイントが付与されるが、還元率が0.5%と低いデメリットがある。他の会社は1%に設定していることが多いため、相場より低い。

とはいえ、20日・30日に買い物が5%オフになる「お客様感謝デー」や15日も安く買い物できる「お客さまわくわくデー」が適用となるため、それほど大きなデメリットとは言えないだろう。

またイオングループ対象店舗では200円(税込)ごとに2WAON POINT が付与されるため、ポイント還元率は使用する店舗によって異なる。

利用できる空港ラウンジは多くない

イオンゴールドカードを所有していると国内の空港ラウンジを無料で使用できるが、そもそも対象となる空港ラウンジが少ないデメリットが挙げられる。

日本には97か所の空港(飛行場と呼ばれる場所)があるが、利用できるラウンジは以下の通り6か所しかない。

  1. 羽田空港
  2. 成田空港
  3. 新千歳空港
  4. 伊丹空港
  5. 福岡空港
  6. 那覇空港

そのため、空港のラウンジの利用は大きなメリットとは言えないだろう。

まとめ

まとめ クレジットカードナビ

イオンカードにはプラチナのランクがなく、ゴールドカードとなる。とはいえ年会費もかからず、イオンの特典を受けることが可能だ。

さらに旅行や買い物の保険内容も充実しているため、無料で作りたいという方にはおすすめのカードである。

イオンで買い物をする機会が多い方は、ぜひ条件をクリアできるか検討して作成してみてほしい。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック/

目次