MENU

イオンカードの評判は悪いって本当?メリット・デメリットやアプリの使い勝手を紹介

この記事を読んで解決すること
  • イオンカードの利用者からの評判・口コミを知りたい
  • イオンカードのメリット・デメリットを知りたい
  • イオンカードのアプリの使い勝手を知りたい

イオンカードは、イオン系列の店舗で使いやすいクレジットカードというイメージがあるが、実際のところはどうなのだろうか。

今回の記事では、イオンカードを利用している人のリアルな口コミ・評判をもとに、メリット・デメリットやおすすめポイントを解説する。

これからイオンカードの発行を検討している方は、ぜひ本記事を参考にしてみてほしい。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック/

目次

イオンカードはどんなクレジットカード?

イオンカードはどんなクレジットカード? クレジットカードナビ

まずは、イオンカードがそもそもどのようなクレジットカードなのかチェックしていこう。

イオンカードの基本的なスペック

イオンカード(WAON一体型)の基本的なスペックは下記の通りだ。

カード名称イオンカード(WAON一体型)
年会費無料
申し込み対象者18歳以上の方
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
機能クレジット、電子マネーWAON
ポイントWAON POINT、電子マネーWAONポイント
付帯カード・サービス家族カード、ETCカード、Apple Pay、イオンiD
出典:イオンカード イオンカード(WAON一体型)

クレジット機能と電子マネーWAON機能がまとまったカード

WAON一体型の特徴は、クレジット機能と電子マネーの機能が一つになっている点だ。

このカード一枚を持っておけば、クレジットカードやWAONカードなどの複数のカードを財布に入れておく必要がない。

財布をスッキリとさせたい人や、すぐにポイントカードを無くしてしまいがちな人にもおすすめだ。

イオン系列店をよく利用するという人であれば、ポイントを効率よく貯められるだけでなく、イオンの提供するサービスをお得に受けられたり、買い物代金が割安になったりするというメリットもある。

申し込みから最短5分で利用できて便利

イオンカードは、申し込みから最短5分でApple PayやイオンiDにカード番号を登録してショッピングに利用できる。

スマホやパソコンから簡単に申し込めて、すぐに審査が完了するので手軽に手続きを終えられる。

店頭でカードを受け取りたい場合は、イオングループで利用できる即時発行カードを受け取れる「店頭受け取りサービス」もある。

ニーズに合わせてカードの発行方法などを選べて便利だ。

口コミ・評判からわかるイオンカードのメリット・デメリット

口コミ・評判からわかるイオンカードのメリット・デメリット クレジットカードナビ

実際にカードを利用している方からの口コミ・評判から、リアルな使い勝手やメリット・デメリットを探っていこう。

イオンカードのメリット

インターネット上の口コミ・評判からわかるメリットは下記の通りだ。

イオンカードの良い口コミ・評判
  • 年会費無料で使い勝手が良い
  • 普段の買い物でポイントを貯めやすい
  • お客様感謝デーなどのお得な日が多い

年会費無料で発行できるところや、ポイントの貯まりやすさをメリットと捉えているユーザーが多いようだ。

毎月20日・20日の「お客さま感謝デー」や55歳以上を対象とする「G.G感謝デー」、毎月5のつく日の「お客さまわくわくデー」など、買い物代金が割引になるお得な日が用意されている点も見逃せない。

ポイ活が好き、お得という言葉に弱い、といった方は満足できるカードだろう。

イオンカードのデメリット

一方、イオンカードにはいくつか良くない口コミも散見される。

イオンカードの悪い口コミ・評判
  • ポイントの仕組み・種類が複雑でわかりにくい
  • コールセンターの対応があまり良くない
  • カードとしてのステータスは高くない

イオンのポイントサービスはいくつかあるため、仕組みが複雑だと感じる方も多いようだ。

以前は、「WAON POINT」「電子マネーWAONポイント」「ときめきポイント」の3種類があったため、ポイントの管理や交換なども手間がかかったと考えられる。

しかし、2021年9月からは、ときめきポイントがWAON POINTに変更・統一されたことで、以前よりもわかりやすくなった。

また、コールセンターのオペレーターの対応がいまいちだという口コミも見られた。

イオンカードの場合、基本的に必要な手続きはインターネットやアプリなどで完結できるが、あまりインターネットに慣れていない場合や、問い合わせながら手続きしたいという方にはデメリットになるかもしれない。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック/

イオンカードがおすすめ・向いている方

イオンカードがおすすめ・向いている方 クレジットカードナビ

ライフスタイルや好みによって、その人に適したクレジットカードは異なる。

ここでは、イオンカードが向いている人やおすすめな人を紹介する。

イオン系列のお店・サービスをよく利用する方

イオンカードは、イオン系列の店舗との相性が抜群だ。

対象店舗ではポイント付与率が2倍にアップするため、カードの還元率は1%となる。

さらに、イオンマークのカードを持っていると、以下のようなイオンマークのカード共通特典も受けられる。

  • 毎月20日・30日は買い物代金が5%オフになるお客さま感謝デー
  • 55歳以上の会員は毎月15日が5%オフになるG.G感謝デー
  • 毎月10日はイオンカードの支払いでどこでもポイントが2倍になるAEONCARD Wポイントデー
  • イオンシネマでの映画鑑賞料金割引

普段からイオンやマックスバリュなどで買い物する方や、勤務先の近くにイオン系列の店舗がある方、イオンシネマでよく映画を観る方は、普段通りに生活しているだけでもお得な特典を享受しやすい。

レジャー施設や旅行予約サービス、各種サブスクサービスなどイオングループ以外の優待店舗・サービスも豊富に用意されている点もメリットだ。

旅行傷害保険にこだわりのない方

一般的なクレジットカードには、国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険などの旅行保険が付帯している場合がある。

旅行保険は、旅行中の病気や怪我、持ち物の盗難や破損を補償してくれる保険だ。

カードに保険が付いていると、あえて別途保険に入らなくても、もしもの時に利用できて便利だ。

しかし、イオンカードには、基本的に旅行傷害保険が付帯されていない。

そのため、旅行傷害保険を目的としてカードを発行したいという方にはあまり適していないだろう。

あまり旅行傷害保険にこだわりがないという方や、すでに旅行傷害保険が付帯するカードを持っているという方にはイオンカードがおすすめだ。

なお、イオンカードでも以下のカードの場合は旅行傷害保険が付帯するため、どうしても必要という方は参考にしてみてほしい。

旅行保険が付帯するイオンカード
  • イオンゴールドカード
  • イオンSuicaカード
  • KNTカード

無料でゴールドカードを発行したい方

ゴールドカードは、一般カードよりもランクが上のクレジットカードで、優待や特典が豊富なクレジットカードだ。

さまざまなクレジットカードに、ワンランク上のゴールドカードが用意されているが、ゴールドカードを発行するためには年会費が必要となるケースも多い。

しかし、イオンカードの場合は「年間カードショッピング50万円以上」という条件を達成すると、自動的にイオンゴールドカードに切り替わる。

年会費は無料のままで、海外・国内旅行傷害保険や国内空港ラウンジなどさらに手厚いサービスを受けられる。

ゴールドカードを持ってみたいが年会費は払いたくない、旅行によく行くからラウンジや旅行保険を利用したい、といった方はイオンゴールドカードを目指してみるのも良いだろう。

イオンカードのアプリ(イオンウォレット)の評判は?

イオンカードのアプリ(イオンウォレット)の評判は? クレジットカードナビ

イオンカードを利用する人に必須のアプリが、「イオンウォレット」だ。

イオンウォレットの口コミ・評判からわかる特徴についてもチェックしていこう。

イオンウォレットとは

イオンウォレットは、イオンカードが提供する公式アプリだ。アプリにカード情報を登録しておくことで、カードの利用状況をチェックしたり、お得なクーポンを受け取ったりできる。

イオンウォレットアプリのホーム画面下部にある「AEON Pay 支払う」ボタンをタップするとAEON Payによるコード決済も可能だ。

Apple PayやイオンiDでのカードの即時利用にも必要なアプリなので、カードを申し込んだらダウンロードしておくと良いだろう。

カードの利用状況が簡単にチェックできる

イオンウォレットでは、自分の持っているイオンマークのクレジットカードの利用状況の確認が手軽にできる。

カードの請求金額が確定する前でも、その月の利用金額をこまめにチェックできるので、かけの管理にも役立てやすい。

カードの利用などで貯まったポイントもアプリから簡単に確認でき、そのままポイントの交換も行える。

お得なクーポンが定期的に配信される

イオンウォレットアプリでは、さまざまなお店のクーポンを獲得できる。

クーポンをチェックしてお得にお買い物をしよう。アプリの位置情報をONにしておけば、自動的に来店クーポンも届くため、お得情報を見逃さずにゲットできる。

よく行くお店のクーポンはあらかじめお気に入りに登録しておくことで、レジでもすぐに使えて便利だ。

まとめ

まとめ クレジットカードナビ

今回の記事では、イオンカードの評判やメリット・デメリット、イオンカードを使う際におすすめのイオンウォレットの特徴などについて解説した。

イオンカードは、普段の買い物でポイントを貯めやすく、幅広い人に使い勝手の良いクレジットカードだ。

イオンカードの専用アプリであるイオンウォレットと併用することで、さらに便利にお得に利用できるだろう。

興味のある方は、ぜひこの機会にカードを申し込んでみてほしい。

Web限定!最大5,000ポイントキャッシュバック/

目次